ページの先頭です

ホーム  >  まめ知識  >  マナー  >  玉串拝礼の作法

マナーまめ知識

玉串拝礼の作法

玉串奉奠は、神職から玉串を受け取ったら、

  1. 玉串は胸の高さに、左手で葉を下から支え、右手で榊の根元から、やや左高に少し肘を張って持ちます。
  2. 神前の玉串案の前に進み、深く頭を下げます。
  3. 玉串の先を時計方向に90度回し、左手を下げて根元をもち、祈念をこめます。
  4. 右手で玉串の中ほどを下から支え、玉串をさらに時計方向に回しながら、根元を神前に向け、左手を離して右手の下に添えます。
  5. やや前に進んでそのまま玉串案の上に奉奠します。

拝礼は、二礼して、音をたてないように二拍手し、一拝します。

通常、神社や神棚に参拝するときは拍手するときに音を立てますが、葬儀のときは両手を打つ寸前で手を止め、音をたてない拍手をします。これを「しのび手」と言います。