ページの先頭です

ホーム  >  契約葬  >  区民葬

区民葬契約葬





区民葬とは?

区民葬は昭和20年代に発足し、都が葬儀行っておりましたが運営の行き詰まり全東京都葬祭業連合会と協議し都民葬儀が生まれました。
昭和40年に都から区に事務移管し現在の区民葬になりました。
区民葬儀とは、行政と我々の契約により比較的低料金で簡素な葬儀ができるように設けられた制度です。
亡くなられた方が23区内にお住まいか、葬儀を行う親族の方が、23区内にお住まいなら、どなたでもご利用になれます。

知っていましたか?

区民葬という名称を聞いて大半の方が「区からの補助金」が出ているものだと思われがちですが、区民葬には行政からの補助金は一切支給されていません。
区民葬が低価格なのは、提供されるサービスが限定されていることと、各組合員が契約された価格でサービスを行っているからです。

区民葬が低料金な理由

区民葬が補助金を受けていないのに低価格なのは、契約であることと、組合員の努力そして一番大きな点は商品的、人的サービスを最低限度に抑えているからです。なぜなら区民葬定義は、まだ葬儀が故人を縁とする人たちの手で行われていた時代の葬儀だからです。その時代の葬儀の葬儀社は物品提供以外の仕事が殆どなかったからです。
現在の環境では、葬儀社の有償人的サービスなどを受けて斎場などで行う形が一般的です。
区民葬のメリット・デメリットを考慮して、区民葬に向いている人いない人を説明させていただきます。

区民葬に向いている人

  • 死亡したことをあまり知らせなくていい人
  • 家族だけ、きわめて少人数で葬儀を希望する人
  • あまり世間体にとらわれない人
  • 経済的に余裕のない人
  • 簡素な葬儀を希望する人

区民葬に向いていない人

  • 社会的地位もあり、多数の会葬が予測できる人
  • 故人を弔うため、華やかな形を希望する人
  • 経済的に余裕のある人
  • 区民葬を前もって、調べていない人

1,区民葬料金表

祭壇料金(御寝棺含む)(税込み) H25.4.1改定
A1 金襴5段飾り 桐張棺 306,504円 319,464円
A2 金襴4段飾り 桐張棺 254,880円 267,840円
B 白布3段飾り プリント棺 133,920円 168,480円
C 白布2段飾り プリント棺 98,280円 132,840円
*区民葬では満6歳以下の小人はABCともに1,050円割引
*区民葬で祭壇をご利用にならず、寝棺のみご利用の場合は次の金額になります。
 なお、この場合は別途人件費が必要となります。
桐長尺棺 77,760円
桐張棺 64,800円
プリント棺 43,200円
 
祭壇内容

2,霊柩車運賃料金(税込み) H20.10.1改定
  10kmまで 20kmまで 30kmまで
宮型指定車 29,818円 35,337円 40,856円
普 通 車 13,371円 17,060円 20,410円
*区民葬では出棺に使用する場合のみ霊柩車料金が適用されます。

3,火葬料金(非課税) H23.4.1改定
最上等
(星)
大 人 53,100円
小 人
*満6歳以下
29,000円
*この火葬料金については民営火葬場の料金です。

4,収骨容器料(税込み) H12.8.15改定
大人用 2号一式 11,772円
3号一式 10,584円
小人用 6号一式 2,484円
*区民葬では祭壇、霊柩車、火葬、遺骨収納容器については、ご利用になる方がそれぞれ取捨選択し、組み合わせてご利用できます。
*区民葬にて葬祭を行うにあたっては、この料金に含まれない諸経費が別途必要となります。
*会費・加入金・積立金は一切不要です。上記葬祭料金に、諸経費は含まれません。